資料の紹介

 新型コロナウイルス対策としてテレワークが広がり、IT部門のシステム管理者、システムを構築・保守しているベンダーのエンジニアなどにも、リモートでの業務が求められている。そこで重要になるのが「特権ID」の管理だ。「特権ID」は、企業内のシステムにログインして何でもできる特別なIDだけに、万が一漏れたり、悪用されたりすると重大な事故に直結する。

 そのため、特権IDの申請・発行、ログイン後のログの取得と作業の監視、ログアウト後の特権IDの返却といったプロセスは、厳格に管理する必要がある。ただし、それを人手で行うと作業が煩雑になり、ミスも起こりやすい。このため、専用の製品を導入し、システム化して運用するのが一般的だ。

 本資料では、特権ID管理システムについて解説する。例えば、企業内のサーバーに安全にアクセスし、そこから特権IDを使ってシステムにログインする方法や、作業中のログを取得して不正を抑止する方法などが紹介されている。いずれも、自宅などからリモートで安全かつ効率的に社内システムを管理したい企業にとって有用な情報だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。