資料の紹介

 社外に持ち出せない資料、遅すぎて使えないVPN、多すぎるメールのやりとり――。テレワークを取り入れてみたものの、出社勤務していた時と同じようにスムーズにいかないことはいくつもある。自宅や公衆のネットワーク環境を利用する場合は、サイバー攻撃や情報漏洩の不安も大きい。

 こうした課題の解決には、クラウドサービスを利用し、いつでも、誰でも、どんな端末からでもアクセスできる「デジタルワークプレイス」の整備が有効だ。ポイントは、社内環境を外壁で守る境界型セキュリティではなく、あらゆる通信アクセスを信頼しないことに基づいたゼロトラストセキュリティに変更すること。使用するサービスごとに適したセキュリティ対策を行うことが重要である。従来の境界型の対策では、ひとたび第三者に侵入されてしまうと被害の追跡が難しくなる。内部犯行も防ぎきれない。

 本資料では、境界型セキュリティとゼロトラストセキュリティの違いや、デジタルワークプレイスの整備方法について基本から解説する。働き方とともにITセキュリティの考え方にも変化が必要な時代だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。