資料の紹介

 データベース市場に大変革が起きようとしている。ガートナーの調査によると、2022年までに新規アプリケーションの70%以上が、オンプレミスあるいはクラウドのオープンソースデータベースで開発されるようになるという。別の企業の調査によれば、コストを主な理由に、Oracle Databaseユーザーが使用率の引き下げを図る動きもあるという。

 とはいえ、Oracle Databaseを使用しているすべての企業が、オープンソースデータベースに移行できるわけではない。アプリケーションやセキュリティ、リソースなどの都合があるからだ。そうした企業が、コストを抑えながらOracle Databaseを使い続ける方法はないのだろうか。

 本動画では、Oracle Databaseユーザー企業向けのコスト抑制策として、第三者保守サポートサービスを提案。ベンダーサポートとの違いや、導入メリットなどを説明する。伊予銀行は同サービスを利用することで保守コストを削減したほか、ベンダーのロードマップに左右されず、事業方針に即したアップデートを計画できるようになったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。