資料の紹介

 コロナ禍によって、働き方やオフィスのあり方は見直しを迫られている。今後コロナ禍が収束したとしても、「元に戻ることはない」という見方は多い。企業には、ニューノーマル時代に向けた制度改革が求められる。

 そうした中、テレワークを急速に社内へ浸透させた企業がある。コロナ禍以前は50%に満たなかったテレワークの実施率が、緊急事態宣言後に90%まで拡大したという。なぜ、急ピッチで広げることができたのか。

 本資料では、テレワークを短期間で浸透させた、あるIT企業の働き方改革を紹介する。成功の背景には、以前からテレワークに対する取り組みや、勤務制度の見直し、ICTツールの環境整備を実施してきたことがある。その内容を具体的に解説する。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。