資料の紹介

 新型コロナウイルスの再度の感染拡大に伴い、テレワーク導入の動きは一層加速している。リモートアクセスの増加は、ITインフラへの負担増を意味しており、いかにしてアプリケーションの応答性を確保し、従業員の生産性と働きやすさを維持するかが課題になる。

 今回のパンデミックに限らず、予期せぬ出来事や混乱が企業や組織に影響することは今後もあるだろう。原因が何であれ、従業員が安全に、かつスムーズにリモートワークに従事できる環境を整えておくことは、事業継続性を確保するうえでも、もっとも重要な要件の一つだ。

 本資料ではまず、企業や組織が事業継続性を確保する際の課題と、クリアすべき5つの目標を挙げる。そのうえで、解決策の一つとしてアプリケーションデリバリ/負荷分散ソリューションを提案し、同ソリューションがどのようにして5つの目標を実現するかを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。