資料の紹介

 コンピュータやユーザーをマイクロソフトの「Active Directory」で管理している企業は多い。社員のアカウントと権限、利用する端末の管理などを担い、企業のITシステム管理で要となる重要なシステムだ。

 ただ、Active Directoryのメンテナンスに苦労している企業が多い。特に4月と10月が問題だ。組織改編の時期にあたり、4月は新入社員の入社も重なる。新規アカウントの登録や既存アカウントの変更処理を一気に実施しなければならない。人事発令日に合わせた反映が必要なため、作業が深夜に及ぶという企業もある。自作のスクリプトで自動化している場合もあるが、今度はスクリプトの保守や使いづらさが課題になる。

 本資料は、Active Directoryの運用を低コストで効率化・自動化する方法を解説する。この方法を使えば、入社・退社時や人事異動時に情報を一括登録・変更したり、人事発令に合わせて設定変更を予約したりできる。Microsoft 365やG Suiteなどのアカウントをまとめて管理することも可能だ。Active Directoryの運用が負担になっているなら、ぜひ参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。