資料の紹介

 デジタル変革で成果を出すには、革新的なサービスを実現するだけではなく、それを高い信頼性と安全性のもとで提供し続けることが求められる。予定外のサービス停止と手動による復旧作業はビジネスに大きな混乱をもたらし、生産性、収益だけでなく社会からの評価も低下させかねない。

 企業が生産性と収益を犠牲にすることなくイノベーションを推進するには、100%に近いシステム稼働率が求められるが、それには相応の工夫が必要だ。例えば、デジタル変革を推進する企業でも多く使われている「SAP S/4 HANA」の標準レプリケーション機能の場合、システム管理者が障害発生を判断し、その後復旧作業に着手することになる。

 本資料では、SAP HANAの稼働率を100%に近づける手立てとして、同製品のレプリケーション機能を強化し、復旧作業を自動化するソリューションを紹介する。システムを再起動することなくLinuxカーネルパッチを適用でき、アプリケーションの中断も不要になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。