資料の紹介

 業務連絡や資料送付に、個人のスマートフォンやプライベートチャットを利用している人も多いのではないだろうか。もしルールなしに個人のツールを利用しているとしたら、重大な事故につながる危険性がある。例えば業務とは無関係の友人にうっかり誤送信してしまうなどの情報漏洩リスクがあり、セキュリティを担保できない。

 一方、テレワークが広がる中で、業務連絡や資料送付を非対面で行う場面は増えている。ビジネスコミュニケーションのツールとして、メールや電話よりも気軽に連絡が取れて、都合の良いタイミングで確認・返信できるチャットの利便性は高い。災害発生時の事業継続の助けにもなる。そんな中、チャットを利用した業務でのリスクを軽減するには、セキュアな環境を担保したビジネス専用のツールを使うことが有効だ。

 本資料は、ビジネスチャットの導入を検討している企業に向けた手引書である。「部門間の垣根を越えたコミュニケーションが活性化し、業務効率が大幅にアップした」といった、実際に導入した企業の声も紹介されている。今すぐ導入を検討していなくても、業務にプライベートチャットを利用している企業ならば、目を通して押さえておきたい内容である。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。