資料の紹介

 昨今の自動車業界や交通サービス業界で注目を集めている重要キーワードが「MaaS(Mobility as a Service)」だ。様々な移動手段を統合して、必要なときに必要な移動手段を利用可能にする新しい考え方だ。ITを駆使して、公共交通だけでなく、カーシェア、ライドシェア(相乗り)、オンデマンドバス、タクシーなど様々な手段を統合する。

 産業はもちろん、ビジネスパーソンにとってもインパクトは絶大だ。働き方改革の進展とともに、オフィスワークとリモートワークの両立、ワーケーションの実施などフレキシブルなワークスタイルが求められる。働き方が変わるし、同時に働く中での移動も多様化する。MaaSはそうした移動を効率化する切り札として期待を集める。

 本動画では、ポストコロナの働き方改革で浮上する「移動」にまつわる課題と、その解決策となるMaaSについて解説している。JR東日本や東京地下鉄、小田急電鉄などの実証実験も紹介する。MaaSに関心を持つすべて企業、MaaSに新しいビジネスチャンスを見いだしたい企業は、ぜひチェックしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。