資料の紹介

 パイオニアは生産管理システムの刷新により、約2割の在庫削減を実現。急な計画変更やトラブルの影響も最速1日で把握して対応できるようになった。在庫状況が正確に把握できるようになったことで、納期回答のスピードも向上した。

 同社では以前、生産拠点ごとに異なる生産管理システムを使っていた。どの拠点にどの部材やユニットが何個あるかが、すぐには分からない状態だったため、柔軟な生産体制を組むことができず、災害時を含め急な計画変更があったときには、対応に1週間以上かかることもあった。

 本資料では、パイオニアが生産管理システムを刷新し稼働させるまでの改革プロジェクトの経緯と、導入効果などを紹介する。選定の際には、パッケージ製品の良さを備えながらも、かんばん方式やグローバル生産に対応しており、トレーサビリティや詳細な納期回答を実現できることが決め手となった。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。