資料の紹介

 大きな会場に人が集まる説明会や、対面による面接。このような方法は、企業の人材採用においても難しくなった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、変化を迫られている。そこでニューノーマル時代に合わせて、採用活動をオンラインに切り替える企業が増えている。

 オンラインの利点は「3密」を避けられることだけではない。遠方の人材にもアプローチが可能になることや、会場を準備するコストが不要になるといったメリットもある。

 本資料では、Web会議ツールによる説明会や面接を成功させるポイントについて解説する。例えば、説明会をオンラインで行う際には、質疑応答などオフラインと同等以上の双方向のコミュニケーションを実現することが重要だ。一方向の発信では情報がしっかり届いているか分かりにくい上に、聞いている人も飽きてしまいやすい。面接をオンラインで行う場合は、1対1の面接だけでなく、グループ面接に対応できるかどうかや、参加しやすいかどうかにも留意する必要がある。資料では、さらに詳しい内容を紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。