資料の紹介

 コロナ禍で最も大きな変化を強いられた部門の1つは「人事」だろう。人事部門の業務はこれまで、新卒・中途採用から、研修、休職者の対応に至るまで、ほとんどが対面のオフラインで行われてきた。コロナ禍によっていや応なしにオンライン化を求められたときに、多くの企業が導入したのがWeb会議ツールだ。

 Web会議を、会議など限られた目的にのみ使っている人も多いだろう。しかし、使い方次第で、Web会議ツールは幅広い業務に活用することができる。Web会議ツールの使い方を知る上で、人事部門における活用方法は参考になることが多い。

 本資料では、人事部門におけるWeb会議ツールの目的別活用法と、世界で80万社以上が利用しているツールについて解説する。また、活用法とともに重要なのがツール選びだ。「他社も使っているから」「通信が安定しているから」といった理由で、Web会議ツールを選ぶ企業は多いだろう。1対1のミーティングはもちろん、最大1万人に向けたウェビナーにも対応するツールを使えば、大規模な研修や社外に向けた説明会にも活用できる。ウェビナーに活用することで収益化も可能になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。