資料の紹介

 ビジネスによって生成されるデータは世界中で急増し続けている。膨大なデータを迅速に活用することは、ビジネスを成功させるうえで、かつてなく重要になっている。こうしたデータを格納するストレージをいかにうまく使いこなすかが、ビジネスを成功させるための鍵の一つになってきた。

 例えば、アプリケーションの開発生産性や可搬性向上を実現する技術としてコンテナが注目を集めているが、コンテナを本格的に活用する場合には、ストレージが重要な役割を担うことになる。また、ハイブリッドクラウド環境でのデータ連係や、AI(人工知能)を業務利用するためのデータパイプラインを実現する際にもストレージが鍵となる。

 本資料では、旬のテーマに深く関わるストレージ活用術を各分野の専門家が解説する。取り上げるテーマはコンテナやAI、ハイブリッドクラウドに加え、ランサムウエアをはじめとするサイバー攻撃や操作ミスなどで引き起こされるデータの論理破壊への対策も紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。