資料の紹介

 生活や産業に革新をもたらすと期待される最新の通信技術である「5G」。その変革の波は製造機器やファクトリーオートメーション、産業用ロボットなどの産業機器にも及ぶ。

 5Gを利用すればデータ伝送速度が高速化し、周波数帯域幅は広がり、遅延は減少する。5Gによって、例えば、より高解像度の映像配信が可能になる。さらに、機械や設備に搭載するコントローラーやセンサーの数を増やし、より多くのデータ通信を行い、そこから生まれるデータをほぼリアルタイムで分析することで、緻密な制御ができるようになる。より高度なセキュリティの確保やネットワークの多重化も可能になる。

 本動画では、5Gによってどのような変革が起こるのかを、具体的な5つのケースで紹介する。例えば、人と一緒に生産ラインで作業する協働ロボットに5Gを導入すれば、VR(仮想現実感)を活用しながらロボットの置かれた環境で効果的に作業する方法をトレーニングしたり、AR(拡張現実感)を利用しながらサポートやメンテナンス担当者に迅速で具体的な情報を提供したりすることも可能になる。組み込みOSやシミュレーターなど、産業機器向けのソリューションについても解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。