資料の紹介

 日本は、労働人口の減少という課題を抱えている。育児、介護、障害など、さまざまな理由で通勤が難しい人たちでも働くことができる環境の整備が急務だ。コロナ禍を機にテレワークが広がったことで、商談や会議、研修といった多くの場面でWeb会議ツールを利用する企業が急増した。商習慣が確実に変わってきている。

 Web会議ツールを利用することで、移動時間、交通費・宿泊費の削減ができる。その結果、商談件数を増やすことも可能だ。さらに、技術者や上司など、必要な人材を商談に同席させることも容易になるため、顧客は意思決定がしやすくなる。

 本資料では、Web会議ツールの活用方法を「これからの働き方」という視点で紹介する。ニューノーマルの時代では、Web会議ツールの利用が一般的になるだろう。まだ導入していない、あるいは十分に活用できていない企業は、今こそ十分な検討をしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。