資料の紹介

 サーバー仮想化ソフトの代表格であるVMware vSphereは、障害発生時に自動復旧する機能を搭載している。可用性を高めるために便利だが、機能をきちんと理解しないと落とし穴にはまってしまう。それらの機能がカバーするのはOSより下のレイヤーで、OSより上位のアプリケーション、ミドルウエアの死活監視や復旧手段ではないからだ。

 サーバー仮想環境でミッションクリティカルなシステムを稼働させるには、アプリケーションの保護監視も不可欠になる。手段としては、アプリケーション監視用スクリプトを内製する方法があるが、設計、実装、運用の各フェーズで多大な労力とコストがかかる。より手軽な方法となるのが、アプリケーションやミドルウエアの死活監視、自動復旧を担うソフトウエアの利用だ。

 本資料では、サーバー仮想環境の可用性に関わる課題を解説したうえで、アプリケーションを監視して障害発生時に自動復旧するソフトウエアを紹介する。システム障害による「まさか」の業務中断に陥らないため、ミッションクリティカルなシステムを運用するあらゆるエンジニアが知っておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。