資料の紹介

 質の高いテレワーク環境構築の要になるのがビデオ会議システムだ。メンバーがどこからでも簡単な操作ですぐに会議を開催し、参加できる。大人数でもクリアな映像や音声で議論できる。こうした環境を整備できれば、テレワークの効率は飛躍的に向上する。

 現状のビデオ会議システムの課題は、「会議室でマイクから遠い席にいる発言者の声が聞き取れない」といった機材の性能に関するものから、「社外からセキュアにアクセスできない」といったセキュリティに関するものまで様々だ。テレワーク環境改善に向けては、こうした課題を解消しながら、コスト効率が高く、短期間で簡単に導入できるシステムが望まれる。

 本資料では、安全で高品質、安定性も高く、コスト効率にも優れたビデオ会議システムを紹介する。広範囲の音声を集音可能なマイクやカメラ、スピーカーからミニPCまで、会議に必要なものをセットで提供し、短時間での導入を可能にする。新しいシステムをわずか3カ月で国内15拠点に77セット導入し、高い投資効果を得たとする通信機器メーカーの活用事例についても紹介する。同社は新しいシステムについて「4つの大きなメリットをもたらした」と言う。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。