資料の紹介

 富士通クラウドテクノロジーズは、7500社以上への導入実績がある国産パブリッククラウド「ニフクラ」や「FJcloud-V」などを提供している。クラウド基盤を安定運用しつつ顧客の要望に応えるため、エンジニアにはOSやミドルウエアなど様々なOSS(オープンソースソフトウエア)の知識・スキルが求められる。

 同社では業務以外で学びの場を持つことが奨励され、テクノロジーを自由に学べる風土があるという。会社が用意したトレーニングを活用して、インフラ分野の最上位ベンダー認定資格を取得したのが佐藤学氏だ。もともとサーバーやネットワークを扱うエンジニアだった佐藤氏は、継続したトレーニングでOS、ストレージ、コンテナ、自動化までをカバーする「インフラ管理のアーキテクト」と認定されるに至った。

 本資料では、佐藤氏への取材を通じて、エンジニアが継続して学び続ける秘訣と、同氏が活用したトレーニングプログラムを解説する。カリキュラムに無制限でアクセスできる仕組みの活用など、エンジニア育成に役立つ情報が多い。エンジニア自身はもちろん、自社エンジニアを成長させたい企業にも役立つはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。