資料の紹介

 国税関係の帳簿書類の電子データ保存を認める「電子帳簿保存法」。企業にとって導入の障壁となる電磁的記録の保存要件を緩和する取り組みが進んでいることから、現在多くの企業が電子帳簿保存法の導入に関心を示している。

 折しもコロナ禍によって多くの企業でテレワーク化が進み、大量の紙書類を扱う経理業務の電子化が急務となっている。経理業務の効率化と経理担当者の負担軽減に向けて、電子帳簿保存法に基づく業務の電子化は有効な方法である。実行するには、電子帳簿保存法とはどんな法律か、どのようなメリットがあるのかを最初に理解しておく必要がある。効率的に導入するには、どう進めればよいかも知りたいところだ。

 本資料では、電子帳簿保存法に基づいて経理業務の改善を進めたい企業の担当者に向けて、電子帳簿保存法の概要、導入によるメリット、導入を効率的に進めて最大限の効果を得るためのポイントなどについて解説する。税務署への申請手続きから電子帳簿保存法の導入、その後の運用までをワンストップで支援するツール類の情報も得ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。