資料の紹介

 新型コロナウイルスは、企業のシステム開発にも影響を与えた。多くの企業が、計画していたプロジェクトの延期・中断、移動・出社制限によるベンダーサポートの一時停止などを経験した。その結果、システム開発の内製化を志向する企業が増えている。

 ただ、多くの企業はシステム開発ができる人材を抱えていない。そこで注目されているのが「ローコード開発プラットフォーム」である。例えば、営業の案件管理、問い合わせ履歴管理、タスク管理、日報などの業務アプリを、ノンプログラミングで開発できるクラウドサービスなどが登場している。社内SNSのようなコミュニケーション機能を備え、スピーディーな情報共有が可能な製品もある。

 本資料は、ローコード開発プラットフォームについて、国内企業の導入・検討動向を調査・分析したリポートである。資料内では、製品選定時に役立つチェックリストも掲載している。システム開発の内製化はデジタルトランスフォーメーション(DX)の文脈でも注目のテーマだ。少しでも内製化を検討しているなら、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。