資料の紹介

 生産労働人口の減少により、企業が優秀な人材を確保することは難しくなっていく。能力ある社員を獲得し、離職を防ぐためには、社員の業務に対するモチベーションや考えを把握し、適正な評価、人材配置、キャリア構築を行うことが不可欠だ。

 それを実現するためには、データを用いた科学的なアプローチを取り入れ、従来のような勘と経験に基づく属人的な人事から脱却する必要がある。社員の声、スキル、マインドなどさまざまな人事データを活用し、才能、技術、経験といった人材の「タレント」を活用する「タレントマネジメント」が必要だ。

 本資料では、企業がタレントマネジメントを導入する手順について、5つのステップに沿って解説する。例えば、ステップ1は「人材情報の一元化とデジタル化による業務効率化」。採用・育成・評価など別々に管理されている情報を、人材データベースとして1カ所に集約し、経営・人事・管理職が共通して活用できる人材プラットフォームを構築することがまず必要だ。本資料では併せて、「社員の見える化」「人材情報分析」といった数多くの機能を標準で搭載したタレントマネジメントシステムについても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。