資料の紹介

 アプリケーション開発の柔軟性を高め、効率化する手段として、コンテナ技術の利用が急拡大している。コンテナは、アプリケーションとインフラを分離させる技術だ。アプリケーションを仮想的な“箱”に閉じ込めて実行環境から分離し、開発したアプリケーションを様々な場所で動かせるようにする。

 コンテナ化したワークロードの管理でデファクトスタンダードとなっているのが「Kubernetes」だ。Kubernetesを利用すれば、オンプレミスやパブリッククラウドなど様々な場所にクラスタを作成し、コンテナを連携させて動かせる。ただし、そこで問題になるのがクラスタの管理だ。現状では、オンプレミス、AWS、Azureなど環境が異なれば、環境ごとにクラスタを管理しなければならない。

 本資料では、Kubernetesクラスタの管理に関わる問題の具体的な解決策を提示する。オンプレミスや複数のパブリッククラウド上でKubernetesクラスタを一元的に作成・更新・削除可能になり、すべてのクラスタにポリシーを適用できるようになるソフトウエアだ。複数の環境にまたがってKubernetesを活用するような状況に備えて知っておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。