資料の紹介

 企業にとって、社員教育は自社のビジネスを支え、発展させる重要な取り組みだ。必要な人材を外部から採用することもできるが、その費用は社内人材の育成に比べて約6倍かかるといわれている。ただ、現在のように変化の激しい時代には、効果的な社員教育の実施は容易ではない。技術の進歩やビジネス環境の変化に応じて教育内容は変わるからだ。

 そこで、世界中の企業で行われている社員教育の実態をまとめたのが本資料だ。具体的には、世界最大規模の企業向けeラーニングプラットフォームで利用企業の学習行動を分析し、その最新トレンドをリポートしている。「パンデミック対応」「DX対応」「エンジニア育成」の3つが大きなトレンドになっているという。

 最新のトレンドに沿った社員教育を実施するにはどうすればよいのか。本資料では、その具体的な方法としてオンラインで学習する仕組みを提案する。7万人以上の講師、約5500の講座を自由に選べ、既に世界で4000万人以上が利用しているという。「学び続ける」ことが求められる時代の新しい社員教育の形として、ぜひ検討したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。