資料の紹介

 今日のビジネスにおいて、グローバル化はかつてないほど加速している。加えて、企業システムのクラウドへの統合や、コロナ禍でのリモートアクセスやオンライン会議の増加により、企業ネットワークのボトルネックは顕著になっている。アプリの体感速度の低下は生産性を直撃するため、ネットワークパフォーマンスの確保は企業にとって重要な課題のひとつだ。

 ネットワークトラフィックには、大きなデータをまとめて送信するシック(Thick)アプリケーションからのものと、小さなデータを細切れに送信するシン(thin)アプリケーションからのものがある。パフォーマンスを改善するには、メールやファイル共有といった前者ではWAN最適化が有効だが、オンライン会議など後者についてはQoS(Quality of Service)が有効であり、2つの技術を組み合わせることが効果的だ。

 本動画では、ネットワークにおけるQoSの基本的概念について簡単に説明した後、具体的な製品を用いてQoSの設定や動作のデモを紹介する。複数の技術を活用してトラフィックを識別することで、リアルタイムのクラス分けの正確さと効果を向上させ、ポリシーテンプレートを用意することで、QoSのプロビジョニングや管理を簡素化している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。