資料の紹介

 多くの企業でITインフラのクラウド移行が進んでいるが、期待通りの効果を得られなかった、非機能要件でクラウド移行を断念したというケースがある。ただ、オンプレミス環境とクラウドを分断して二重に運用するのは手間とコストがかかる。クラウドに“向かなかった”システムは、オンプレでの運用を続ける必要がある。

 こうした中、オンプレのITインフラとして注目されているのがハイパーコンバージドインフラストラクチャーだ。最新の仮想化技術やサーバー技術を組み合わせ、クラウドのようにシンプルな運用ができる基盤をオンプレ環境に構築できる。

 本資料では、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)の特徴をコンパクトに解説したうえで、海外の導入事例を解説している。併せて、HCIのリーダー企業のソフトウエアと、国産のx86サーバーを組み合わせたHCIソリューションを紹介する。シンプルな運用と柔軟な拡張性をオンプレミス環境にもたらす秘策として、ぜひ知っておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。