資料の紹介

 PCは企業にとって欠かせない道具だが、その運用・管理にかかるコストやセキュリティリスクは企業の重荷になっている。PCの運用・管理は重要な役割であるにもかかわらず、その対応人員は減らされる傾向にある。費用対効果が見えにくいからだ。

 あるアンケートによると、PC関連で最も負荷の大きな業務は障害対応だという。以下、セキュリティ対策、ヘルプデスク、資産管理、Windows 10対応(アップデート等)と続く。テレワークが加わると、利用環境が把握しにくくなり、さらに対応に時間がかかる。こうした業務負荷やコストの軽減には、多くのノウハウを持つ専門会社の手を借りるのが効果的だ。

 本資料では、PC調達に関するアンケート結果と、PC運用の課題および解決策を解説している。同アンケートは、100万台のレンタル資産を持ち、PCのライフサイクルマネジメントサービスを提供する企業が実施したものであり、自社環境に当てはまる内容も多いはずだ。今後のPCの運用・管理を考える際に役立つ資料となるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。