資料の紹介

 テレワーク環境の構築で企業が直面した課題は何か。あるアンケートによると、計画段階では「予算策定」という回答が最も多く、「意思決定」や「情報収集」も約半数の企業が課題に挙げた。導入後の課題では、ソフトウエアのインストールやアップデートなど、セキュリティ対策が上位を占める結果となった。

 テレワークを始める、あるいは続ける中で、PCの管理・運用は重要な業務である。また、ニューノーマル時代では、PCを社外で利用することを前提に運用しなければならない。利用環境が複雑になれば、障害対応の難しさや、セキュリティリスクは増大する。IT担当者の負荷も増える。ところが、PC関連の業務は費用対効果が見えにくく、自社の担当人員を減らす企業が増えている。予算とリスク、マンパワーのバランスを取るには、豊富なノウハウを持つ専門企業の力を活用するのが有効だ。

 本資料では、PC調達に関するアンケート結果とともに、PC運用の課題と解決策について解説する。テレワークの現状と今後を検討するのに役立つ資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。