資料の紹介

 多くの企業でクラウドの活用が進む中、運用面で多くの課題が浮上している。部門ごとにさまざまなクラウドサービスが導入された結果、全体のコストが把握しづらくなっていたり、システム環境の複雑化が進んで運用管理の難易度が高くなっていたりするケースが見受けられる。

 クラウドのメリットを最大限に生かしたいなら、運用管理の手法も“クラウド流”にする必要がある。オンプレミスと同じやり方をクラウドに持ち込むのは、非効率であるばかりでなく、運用管理に負担や混乱をもたらす危険がある。現場の人材不足が深刻化する昨今、“クラウド流”への移行は自動化や効率化を進めるチャンスでもある。

 本資料ではまず、ハイブリッドマルチクラウド環境に即した運用管理のあり方について解説。さらに、その具体策として、企業のクラウド活用を支援する運用管理サービス/ソリューション群を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。