資料の紹介

 平井卓也デジタル改革担当大臣が2020年11月の会見で「パスワード付きZIPファイルの添付(PPAP)を内閣府・内閣官房で廃止する」旨を発表し、業界は騒然となった。PPAPはメール添付ファイルのセキュリティ対策として、長期間にわたって広く使われてきたものだったからだ。

 実はPPAPは、送信側受信側双方に大きな危険をはらんでいる。ZIPファイルはメールサーバー側のウイルス検知をすり抜けるため危険度が増し、メールで送信するパスワードの解読の危険もある。さらに、そもそもヒューマンエラーによる誤送信の可能性がぬぐえない。大容量ファイルをメール添付で送る場合は分割する必要が生じ、受信側の手間も多い。

 本資料では、これらの問題を根本的に解決する、誤送信を事前にあるいは事後に回避する方法や、デバイス認証などのアクセス制御方法など、特徴的な機能について利用イメージとともに紹介する。十分なストレージ容量を確保した安価なプランの、具体的な価格も確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。