資料の紹介

 デジタルを活用したビジネスの変革は、企業規模を問わず重要なテーマだ。製造業、流通・小売り、医療など、様々な業種がひしめく中堅企業にとってもそれは変わらない。一方、中堅企業は、大手企業ほどには人材や資金をかけられないのも現実だ。にも関わらず、大手を含めた数多くの競合企業との厳しい競争に打ち勝たないといけない。

 そのためには、IT基盤の強化が不可欠だ。そこで重要になるのが守りと攻めの割合である。日々の業務を支える「守りのIT」はしっかり堅持しつつ、AI(人工知能)などの最新テクノロジーを活用した「攻めのIT」をどれだけ増やせるかが、競争力を左右するからだ。

 本資料では、そのための6つの方法を解説する。例えば、その1つが「自動化」。限られたIT人材を有効活用するには、システムの運用や保守などのルーチンワークをできるだけ自動化し、競争力に直結した業務にIT人材をシフトする必要があるからだ。そのほかにも「インフラの標準化」「オープンソースの活用」など、中堅企業にとっての重要なヒントが分かりやすく解説されている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。