資料の紹介

 デジタル変革に着手した企業の多くで、クラウドやSaaSの活用が進んでいる。クラウド、オンプレミス、レガシーといった異なるシステムが混在したIT環境で求められるのが、利便性とセキュリティを両立させつつ、IT環境全体にわたりアクセス制御を集中管理できる「アイデンティティ・ガバナンス」の確立である。

 だが、その基礎となるゼロトラストセキュリティは、複数の製品やサービスを組み合わせたアーキテクチャである。企業がこれを段階的に実装していくなかで、アプリケーションへのアクセス制御やアクセス権限の管理が、分断を余儀なくされる。複数のクラウドサービスとオンプレミスが混在する状態も、状況をさらに複雑にする。

 本資料では、デジタル変革やデータ活用の基盤としてのアイデンティティー・ガバナンスの概要と、実現に際しての課題を解説したうえで、グローバル企業や国内企業の先進的な取り組みを紹介。さらに、グローバル製造業が、デジタル変革を推進しながらアイデンティティ・ガバナンスにどう取り組んでいくべきかについて述べる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。