資料の紹介

 多くの企業で利用が急拡大するクラウドコンピューティングだが、当然、すべてのアプリケーションがクラウドに移行できるわけではない。規制、企業文化、アプリケーションの特殊事情、遅延問題など移行できない理由も様々だ。そこで現実解として多くの企業が選択しているのが、いわゆる「ハイブリッドデータセンター」である。

 そうしたなかでも、オンプレミスのITインフラは縮小傾向にある。しかし、だからといってその重要性が低下したわけではない。むしろ、クラウドへの依存度が高まるほど、オンプレミスに残る機器の重要性は増している。特に、工場や物流拠点といった「エッジ」に残る小規模ITシステムの多くでは、主に可用性の観点から物理インフラの見直しが課題になっている。

 本資料では、工場や物流拠点、事業拠点などの「エッジ」に残る小規模ITシステムが、企業システム全体のネックになるリスクを指摘。ビジネス目標の達成に必要な耐障害性レベルの評価方法を提案するとともに、エッジの小規模ITインフラにお薦めのベストプラクティスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。