資料の紹介

 防犯カメラの映像を、顧客サービスの向上や店舗運営の効率化に役立てるなど、映像データ活用のニーズが様々な分野で急速に立ち上がりつつある。NTT東日本も、以前から提供してきたAI(人工知能)による映像解析サービスを、より短期間・低コストで開発・提供できるよう、新たに「映像AI解析プラットフォーム」の構築に着手した。

 同社の映像解析サービスではそれまで、IPカメラが設置されている現場の近くに分析用のサーバーを設置していた。しかし、案件ごとに専用の環境を構築すると高価になってしまううえ、一つの映像に対して一つのAIしか適用できない。そこで、複数の顧客のカメラ映像をNTT東日本の局舎に集約し、サーバーをシェアする「マルチカメラ・マルチAI」構成をとることにした。

 本資料では、NTT東日本が「映像AI解析プラットフォーム」の刷新にあたり定めたシステム要件と、同社がベンダー各社の提案から最適なソリューションを選定するまでの経緯、導入効果を紹介する。サーバーについては、できるだけ多くのCPU、メモリー、GPUをバランスよく収容でき、性能効率に優れていることを重視したという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。