資料の紹介

 新たなITサービスを短期間で展開することは、多くの組織にとって競争力を得るための必須条件になりつつある。しかし、限られた予算と不十分なリソースという制約のなかで新たなITサービスを展開することは、これまで、複雑で時間がかかる面倒な仕事だった。

 その一方で、先進企業の関心は、集中型のデータセンターから、より高速にデータが生成され処理される「エッジ」へと移りつつある。データセンター、事業拠点、クラウドといったエッジ同士をネットワークで接続することで、新たなITサービスを迅速に展開できるようになり、効率や柔軟性も高まるとの期待からだ。

 本資料では、小売り、製造、物流、通信といった業種の企業や、仮想デスクトップ、AI(人工知能)などを活用する企業に向けて、エッジコンピューティング専用に開発された新たなインフラソリューションを紹介する。アーキテクチャーや採用技術、構成要素、技術仕様に加え、それらがどのようにして「エッジ」を安全につなぎ、その利点を生かすのかを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。