資料の紹介

 多くのメディア企業や医療・研究機関などにとって、収録した高精細映像や動画コンテンツ、患者のMRI画像、新薬開発で使用されたゲノム画像などのデータは、何十年も保存・保護しなければならない最も重要なデータだ。また、企業が扱う各種データも現在爆発的に増大しており、今後は長期保存が求められるデータの扱いが重要な課題になるだろう。

 実際、こうした大量データを長期間にわたって安全かつアクセス・検索可能な状態で保存することは簡単ではない。フラッシュ、ハードディスク、テープなどのうち最も適したストレージは何か、オンプレミスとクラウドのどちらに保存すべきなのか、など検討課題は多い。コスト、検索性、拡張性などの観点から総合的に判断しなければならない。

 本資料では、数十年にわたって重要データを保存するためのベストプラクティスを解説する。保存形式、ストレージ技術の違い、ランサムウエアや災害からの保護など、多様な観点からデータのアーカイブ方法を整理している。データの長期保存に関心を持つすべての企業にとって、参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。