資料の紹介

 残業時間の上限規制や勤務間インターバル制度——。長時間労働などの改善を目指し、働き方改革への法整備が進む。人手不足を理由にしたり、帰りづらい雰囲気を醸し出したりして、サービス残業を強いるような環境は変えなければいけない。業務実態が見えにくいテレワークも注意が必要だ。

 まず、雇用主と従業員の両者が勤怠を正しく把握して、業務量のバランスや作業効率を可視化することが重要である。例えば、長時間労働が続く人のパソコンの操作ログを取得すると、業務量が原因なのか、作業に無駄があるのかを判断する材料になる。特定の人に業務が集中している状況も確認できる。また、業務の可視化は職場に適度な緊張感をもたらし、自発的な業務改善も見込める。

 本資料では、働き方改革を支援する複数のツールを紹介する。業務の可視化、テレワーク時代に必須のセキュリティ対策、チャットボットを活用した定型業務の自動化など、働き方を変えるために使えるツールは豊富にある。働き方は選ぶ時代。無駄を減らし、働きやすい環境を整備することが求められている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。