資料の紹介

 今、日本の働き方は大きな変容を遂げつつある。コロナ禍の収束、労働人口の減少など、先行きが見通せない日本だからこそ、人材への投資が欠かせない。もはや福利厚生の一環ではなく、「最適な働き方は人それぞれ」という前提に立った制度設計や環境整備、企業文化の醸成が必要だ。

 例えば、今後は「ハイブリッドワーク」の広がりが予想される。事業所と、自宅やそれ以外の「サードプレイス」でのテレワークを従業員が自主的に選ぶ働き方だ。感染症のまん延防止が目的だったこともあり、テレワークは在宅勤務と同義に扱われることが多いが、自宅が就業環境に適しているとは限らない。仕事の内容によって働く場所を選べる環境整備が求められるようになるのだ。

 本資料は、今後数年で起こるであろう変化の潮流を8つの観点で解説する。ある企業が顧客とのディスカッションや外部調査をもとに、働く場所や、ツールなどのテクノロジーがもたらす変化について、「従業員の満足度」を共通のテーマにまとめた内容だ。企業としての視点だけでなく、一人ひとりの働き方を見つめ直すきっかけになるかもしれない。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。