資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大は、働き方やオフィスのあり方、人とのつながりを考え直すきっかけとなった。多くの企業がテレワークを始めたものの、さまざまな理由で「導入できない」「一時的に運用したが継続できなかった」という企業は少なくない。また、テレワークを継続する中で生まれた課題もある。

 一方、以前からテレワークを進めてきた企業はどうか。2015年から推進してきたある企業は、「すでに制度や環境が整っていたこともあり、コロナ禍での運用もスムーズだった。とはいえ、テレワークの利用者拡大や利用期間の長期化に伴い、『テレワーク疲れ』に向けた新たな対策も必要になった」という。

 本資料は、「テレワークを当たり前とする企業の文化」にスポットライトを当て、オンラインを活用したさまざまな取り組みについて紹介する。社内のこと、顧客とのことなど、悩み別・難易度別にヒントとコツがまとめられており、課題解決はもちろん、より良い結果を生むための参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。