資料の紹介

 自動車アフターマーケット大手のMotorcar Parts of America(MPA)は、同社製品の取り付けと保守に関するトレーニング映像の制作・編集システムを刷新。制作のスピードアップ、機動的なコラボレーション機能、高速の自動アーカイブと検索を実現した。

 以前はワークステーションで映像を制作していた同社だが、当時の環境では、チームの編集者間でコンテンツを共有したり、既存の素材を再利用したりするのが困難だった。メンバー間のコラボレーションに時間がかかるうえ、以前に撮影したコンテンツを取り出して画像を検索するのに何時間もかかることがあったという。

 本資料では、同社が映像制作・編集システムを刷新した経緯と、その際に導入した共有ストレージおよびデジタル資産管理システムを紹介する。さらに、そのソリューションを選択するに至った経緯、導入のメリットなどについても説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。