資料の紹介

 企業が扱うデータ量はいまやペタバイトの域に到達し、RAIDを採用した従来型のストレージシステムの限界に近づきつつある。ハードディスクドライブ(HDD)の容量が大きくなると、バックアップや容量追加などの運用管理作業が複雑になり、手間が増えるだけでなく、データ損失のリスクも高まる。

 加えて、企業が以前よりも長い期間、データを保存する傾向にある。そのため、磁気ディスクのビットエラーなど、回復不能な読み取りエラーに悩まされるような事態も起きている。だが、従来のRAID方式では、データが読み取られる際に初めてビット・エラーが検出されるため、2つめのドライブに障害が発生する前にエラーを修復できないことがあり、データが永久に失われることになりかねない。

 本資料では、データ量の急増で浮上してきた従来型ストレージの課題を解決し、データの耐久性やスケーラビリティを高めることができるというオブジェクトストレージ・システムについて、その仕組みや期待される導入効果を説明する。これにより、ストレージシステムはシンプルになり、データ増のペースに合わせて予算を拡大する必要もなくなるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。