資料の紹介

 新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいる。政府、医療機関、製薬会社など、すべての関係機関には、迅速かつ大規模な対応が求められている。現在、これらの組織は、従来型のツールやクラウドベースのプラットフォームなど、多様なテクノロジーを組み合わせてこの緊急事態に対応している。

 ただし、こうした多様なテクノロジーすべてを連携させて可視化・管理を実現できている組織は少ない。短期間で接種率を高めることを最優先するため、多くの作業を人手に頼っているのが実情だ。しかし、こうした状況を放置していると、スタッフへの高い負荷が続きミスも増える。さらに、安全性の確保や問題発生時の対応などに支障が生じることにもなりかねない。

 本資料では、ワクチン接種に関する混乱を収束し、安全なワクチン管理を実現するプラットフォームについて解説する。このプラットフォームを活用することで、ワクチンの製造から流通、接種、監視に関わるすべての組織において、既存のインフラを活用しながら円滑なワクチン管理が実現できるという。ワクチン接種をITで支援するすべての企業・組織に、ぜひ目を通してもらいたい情報だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。