資料の紹介

 「もっと有益な仕事がしたいのに、毎日の事務処理でそれどころではない」という状態になっていないだろうか。例えば人事部のメンバーが「スキルレベルに合わせた人員配置に取り組みたい」と考えているのに、帳票の処理や従業員からの質問への回答に多くの時間を奪われている状況だ。

 ある企業は、人事担当者を事務処理から解放するために、人事をシェアードサービスモデルに変えた。そして、問い合わせ業務を効率化するために、オンラインポータルやナレッジベースを構築した。従業員が自分で問題を解決できるように、ナレッジ項目をオンラインに公開するだけで、人事担当者の作業負荷を33%も削減できる見込みだという。同社は異動や退社の手続きの自動化も計画している。

 本資料は、人事担当者の事務処理からの解放に取り組んだ企業が抱えていた課題と解決策、導入したツールの実例について紹介する。人事担当者が定常的な事務処理に平均80%もの時間を費やしていた状況から脱却し、人事サービス強化と作業負荷軽減の両立に向けて変革を進めている。その結果、仕事への満足度向上とともに充実したキャリアパスを作れるようになり、離職率も下がっているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。