資料の紹介

 近年、マイクロサービスやクラウド、コンテナ、サーバーレス、DevOpsといった技術や手法の採用が広がるとともに、ハイブリッドクラウドの複雑な環境下において多方面からくるアプリケーションアラートの管理や、監視がとても難しくなってきた。これを管理するには、従来と異なる視点で「可視化」を考える必要がある。

 近年の分散アプリケーション環境では、アプリケーションの状態を示すデータを収集してエラーや問題発生に対処する、従来の「監視」アプローチでは不十分だ。必要になるのは、複雑な分散アプリケーションの内部で何が起こっているのかを把握し、エラーや問題の原因を探り、有効なアクションにつなげるための「可観測性」の確保である。

 本資料では、分散アプリケーションの運用管理で今後重要性を増す、「可観測性」とは何かについて解説したうえで、可観測性の確保に何が必要なのかを説明する。さらに、急速に変化し複雑さを増すIT環境で、企業がビジネスを成功させるために必要な監視と可観測性を実現するソリューションを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。