資料の紹介

 地震や台風といった自然災害に加え、巧妙化するサイバー攻撃や人為的なミス、リモートワークの普及によるセキュリティリスクの懸念など、企業システムをおびやかす要素は複雑化している。こうした観点から、円滑な事業継続に向けたデータ保護の重要性が年々高まっている。

 鍵を握るのは日常的なバックアップだ。昨今では複数コピーのみならず、別メディアやオフサイト(物理的に離れた場所)への保存を推奨する「3-2-1ルール」や、爆発的な増加を見せる非構造化データを保存するクラウドのオブジェクトストレージが注目されている。このようにデータを中心とするデジタル時代にあっては、インシデント発生時の迅速な復旧対策は必須マナーと言える。

 本資料は、今日を生きるIT部門担当者が配慮すべきデータ保護について、セキュリティとバックアップ技術の項目からまとめたガイドブックである。ネットワークから切り離したオフラインにもデータを保存する「3-2-1-1ルール」など新たな提言もある。これらの次世代型バックアップは、デジタルトランスフォーメーション(DX)とセットで進めることでさらなる効果を発揮するだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。