資料の紹介

 企業がIoTやAI(人工知能)といった新技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む中、情報システム部門には“攻めのIT”が求められている。ところが多くの情シスでは、業務の7割が既存システムの運用・維持に割かれているという。これでは、情シスがDXを先導することなどとても不可能だ。

 こうした状況から脱却する仕組みが「ITサービスマネジメント(ITSM)」である。これは、ITサービスの安定的な提供と継続的な改善を実現するための仕組みだ。そして、ITSMの標準手法がITILであり、ITIL準拠のツールを導入することで煩雑なインシデント管理や構成管理から脱却し、業務全体を効率化できる。その結果、空いたリソースを攻めのITに振り向けられるのだ。ところが現実には、ツールを導入しても業務を効率化できない企業は少なくない。

 本資料では、ITIL準拠ツールを導入しても運用管理業務を効率化できない原因を、「ITILの本質を理解することなくITIL準拠という言葉を妄信しているからだ」と説く。その意味を理解すれば、ITIL準拠ツールの選び方も変わってくるだろう。ITIL準拠ツールを検討しているなら、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。