資料の紹介

 企業にとって、ITシステムの安定稼働はビジネスの前提条件だ。そのために情報システム部門は、日々、システムの安定運用につとめ、障害が発生すれば即座に対応できる体制やスキルを磨いている。ところが現実には、仮想化技術やクラウドの台頭でITシステムは複雑化する一方であり、従来の属人的かつ人手に頼った運用は、ますます難しくなっているのが実態だ。

 そこで必要になるのが「運用の自動化」だ。AI(人工知能)や機械学習などの最新技術を活用した運用ツールを導入し、ツールに任せられる作業は任せ、人間でなければできないことに集中することで、システム運用全体の効率化を図ることが求められている。

 本資料は運用の自動化について詳しく解説したものだ。ただし、単なる自動化ではダメだと説く。特に用途別のポイントソリューションで自動化しているケースは要注意。この場合、あるツールが担う範囲では自動化できるが、他のツールでは自動化が遅れるという状況に陥り、ツール間の連携で苦労する企業が非常に多いのである。では、どうすれば真の「運用の自動化」を実現できるのか。ぜひ、本資料でそれを確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。