資料の紹介

 IoTへの取り組みなどによって企業が扱うデータ量は飛躍的に増加し、それに伴い「エッジコンピューティング」の重要性が高まっている。エッジコンピューティングを実現する上で、サーバーの動作環境は大きな課題だ。データセンターとは異なり、高温多湿でしかもほこりっぽい場所など、過酷な環境にサーバーを置かざるを得ないことも少なくない。

 また、設置スペースも制限される可能性があり、コンパクトなきょう体のサーバーが求められる。メンテナンスのやりやすさも重要なポイントだ。こうした厳しい環境でも安定して高いパフォーマンスを発揮するには、どのようなサーバー製品が適しているのだろうか。

 本動画では、環境、冷却、電源、設置スペースについて考慮された最新のエッジサーバー製品を紹介している。製品によっては、セ氏45度での稼働に耐えられるものもあるという。エッジコンピューティングに興味のある企業にとって、きっと参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。