資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワーク導入が求められる中で、多くの仕事が場所に縛られずに行えることも分かってきた。厚生労働省の「令和2年度テレワークの労務管理に関する総合的実態調査研究事業報告書」では、在宅勤務実施層の回答者の約87%が「在宅勤務を継続してみたい」と答えている。

 テレワークでのコミュニケーション手段の中心になるのがリモート会議だ。しかし、その設備や環境が不十分だと、音声や映像が乱れて、十分な意思疎通ができない。もう「その場しのぎ」の時期は過ぎた。打ち合わせの主流が「対面」から「リモート」になった今、質の高いコミュニケーションのために、リモート会議の環境改善に本腰を入れる必要がある。

 本資料では、リモート会議の質を向上させる、高品質のマイクやカメラなどのハードウエアを紹介する。例えば、ノイズキャンセリング機能を備えたマイク付きヘッドセットなら、自分の声だけが相手に届き、家族の声や生活音は相手に聞こえない。雑音のないクリアな声が相手に届き、より自然な会話ができるようになる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。