資料の紹介

 働き方改革にあたり、欠かせない視点が業務の効率化だ。特に事務作業は、紙や手入力によるアナログな作業が多く、効率化メリットが大きい。クラウドサービスが利用できる業務であれば、テレワークも可能になる。こうしたことの積み重ねは、従業員それぞれが本来の仕事に集中できる余裕を生み出す。

 例えば勤怠管理や工数管理、経費精算といった事務作業は、重要だが、手間がかかる。もしExcelなどに手入力しているなら、シンプルな操作で入力時のミス・漏れを防げるシステムに変更することで一気に効率化できる。さらに、法改正や社内ルールの変更など、システム対応が柔軟かつ簡便にできることもポイントだ。

 本資料では、働く人たちに必要な事務作業の一元化を実現するクラウドサービスについて紹介する。経営者や各部門、社員それぞれの立場におけるメリットを説明し、さらに4社の導入事例も紹介している。会社の規模に応じてカスタマイズ可能なシステムになっており、中小企業や、成長に伴い拡大中の組織、グループ会社を複数抱える大企業も導入しやすいという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。