資料の紹介

 「従来のインフラのままデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるのは難しい」——。DX化で先行する企業の多くから、こうした声が聞かれる。

 ある調査では、DXに取り組む企業の実に9割以上が、サーバーやストレージといったITインフラの見直しが必要だと指摘する。実際に、7割近くの企業がストレージ環境を刷新しているという。では、DXで必要となるストレージの要件とは何か。今後のDX化に向けて、どのようなストレージを選べば良いのだろうか。

 本資料では、実際にDX化を進める企業への調査に基づいて、DXに必要なITインフラの要件と、その実現に必要な新技術について解説する。また、それらを高いコスト効率で実現するストレージシステムについても紹介する。ミッドレンジの価格帯でありながら、ハイエンドシステムに匹敵する性能、可用性、拡張性、機能性を持つストレージプラットフォームに関する情報を提供する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。